17c1dfebマズローの欲求五段階説の「社会帰属欲求」を乗り越え、「認知欲求」の領域へと足を踏み入れるためには、「安定」より「変化」を重んじる必要があるという話について触れた。

 

そこで沼倉裕氏が進めるのが「変化を受け入れるためのエクササイズ」である。

 

たとえば…

– 机の上に置いてあるモノの配置を変える

– パソコンのデスクトップの背景を変える

– 部屋の机やイスの位置を変える、など

 

これらを、1日単位・1週間単位・1カ月単位など、周期を変えて定期的におこなうようにする、というのが沼倉流の「変化にフレキシブルに対応するためのウォーミングアップ」らしい。

正直なところ、「こんなことで本当に人生が変わるのか」とも思うが、実際に成功している人の言うことだ。信じてみよう。

以下、私が決めた「変化マインドのエクササイズ」である。

【1日単位】
– 机のそばの窓枠に、置く本を毎日入れ替える
– 昨日とは違うネクタイをする

【1週間単位】
– PCのデスクトップ壁紙を変える
– ジョギングのコースを少しずつ変える

【1カ月単位】
– 机と本棚の位置を変える

さて、これで私の生活にどのような変化が起きるのか(あるいは起きないのか)が楽しみである。