images (10)沼倉裕さんは言う。
「人には、自分を特別扱いしてほしい、ほめてほしい、認めてほしい、と いう欲求がある。マズローがいう認知欲求です。

誰に認めてほしいのか、をはっきりさせることが大切です。たいていの人 は、漠然と多くの人に認められたい、と考えている。

しかし、誰に認められたいか、という視点が重要だ。世界中の人に自分を認めてもらうのは、ほぼ不可能。

でも、誰に認められたいか、という部分だけを明確にしておけば、人生の目的や方向性が明確になる」
たしかに私たちはしばしば、八方美人になってしまいがちだ。あちらにも こちらにもいい顔をしてしまい、結局、どちらにもそっぽを向かれてしまったりもする。

 

結局、「ブレない自分」を持つことが大切、ということになる。そのためには、自分が誰を喜ばせたいのか、ということを忘れずにいることが大切なのだろう。

 

幸い、私たちにはたいがい、誰かが身近にいるものだ。親、夫・妻、子供、昔からの親友、恋人、信頼できるパートナー…

最近、彼らの笑顔を見ていないのなら、まずは、そんな身近な誰かを喜ばせることからはじめたらいいのかな、と私は思った。