start

沼倉裕氏は言う。

「脱サラして起業する人の多くは、コンビニなどのフランチャイズに手を出す。

貯金や退職金をつぎ込んでビジネスを立ち上げるが、資本回転率つまり投資に対する利益回収率が悪い場合が多い。つまり失敗しやすいということ」

沼倉裕氏は「資本回転率」が高いビジネスとして、インターネットを活用したビジネスをあげている。

インターネットビジネスは、投資に対する利益率が最高レベルで、最少の投資で最大の利益があげられるだけでなく、失敗した時のリスクも最少で済む。
現代は、インターネットの発達により、個人でもほぼ資金0円でビジネス展開できる。そんな時代にわざわざ資金が数百万円のビジネスを選ぶメリットはないのではないか…と沼倉氏は指摘している。