沼倉裕氏は言う。

今より遥か上の収入を得たいと思うなら、ふだんからお金の使い方に注意深く意識を向ける必要がある。
お金を使うとき、それが「投資」にあたるか、それとも「消費」にあたるのかを常に意識することを勧める。

ここで言っている「投資」というのは、株や為替などの金融商品、あるいは不動産といったものではなく、「自分の未来にリターンが発生するすべてのこと」を指している。

たとえば、何かビジネスをはじめる際には、お店を借りたり、人を雇ったり、広告宣伝をしたりといったお金がかかります。

ビジネスに限らず、ドリームスケッチを使って明確にした「夢」を実現するために必要なスキルの習得や、人脈の構築といったものにかけるお金も「投資」と考えることができる。

要は、短期間で見るとお金を払っているが、長期間でみればきちんとそれが回収できているという状態なら「投資」に該当するわけだ。

沼倉裕氏によれば、

稼げる人は「投資」にお金をかけ「消費」を控える傾向にある

という。

稼げる人は、スキルや人脈を獲得するための自己投資や、ビジネスへの再投資を優先するため、どんどんビジネスが拡大していき、リターンが増えていくという好循環を生み出すのである。

「投資」と「消費」を見極め、「投資」を喜びと変えるように動機付けすることが「成功」につながる秘密のひとつだと言える。

先日、投稿したように、私は偶然に世界的なコーチから直接教えを受けた人と知り合いになった。その人がマイケル・ボルダックからコーチングを受けたときにまとめたノートも見せてもらうことができた。

そこには、私も日常生活で応用できそうな、いくつかのおもしろいアイデアがあった。

沼倉氏が推奨する「投資」行動への動機付けについては、マイケル・ボルダックのようなコーチたちが用いている方法を併用すれば、より効果が上がるだろうと思う。

不思議なことに「成功者」が言っていることには、共通点がある。

ただ、具体的にどんなことをしているかは、それぞれ違う。だからある人が勧める方法は、別の成功者が勧める手法と上手に組み合わせれば、相乗効果を生むのである。

「役に立った」と思ったら… 「いいね」よろしくお願いします。シェア・コメントも大歓迎です。